2014/01/21 Tue 09:21     >> ネット世論     >> コメント(0)
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/21(火) 03:02:19.42 ID:???
◆【中国BBS】われわれは日本を憎み続けるべきか、中国人が議論

東シナ海や歴史認識をめぐる対立があるとはいえ、日中戦争の終結から約70年が経過した現在でも中国では日本を恨む声が絶えない。抗日ドラマが毎日のように放送されているほか、小学校の時から反日を煽るような教育がなされていることが原因とされる。

中国では幼い時から日本に対する憎しみが植え込まれているといえるだろう。こうした中国政府のやり方はまさに「プロパガンダ」だ。しかし、中国の若い世代は過去を引きずったまま日本を憎み続けるべきなのだろうか。中国大手検索サイト百度の掲示板に日本との付き合い方について問題を提起するスレッドが立てられた。

スレ主は、幼いころは日本が憎かったものの、成長してからは考え方が変わり、このまま日本を憎んでいても意味がないと思えてきたと主張、「憎むことに精力を使うよりも経済的に豊かになることを目指すべきだ」と主張している。

スレ主の主張は中国では一般的な考え方とは言えないだろう。事実、ほかのネットユーザーからは、
「日本を憎まなければ不満の矛先が某党に集中してしまう」
「民族の恨みは民族の団結力を強くするから必要だ」など、
 
中国としては日本を憎む“必要”があるとの見解が示された。実際、反日政策は江沢民氏が主席になったころから始まったとされ、国民に対して中国共産党による統治の正統性を再確認させると同時に、不満のはけ口として反日教育を推進したと言われている。

やはり、中国人ネットユーザーたちのコメントの大半は非常に感情的な意見ばかりで、
「日本は憎むべきだ。遅かれ早かれ日本とは一戦を交える。
日本人は中華民族の仇だ」、「歴史を忘れることは裏切りだ。
日本はわが国の宿敵であり、あらゆる手段を使って地球上から抹殺すべきだ」
などの過激な意見が寄せられた。

1972年の日中国交正常化当時の日中関係は極めて良好だったと言われる。当時は日本人も中国人も過去を振り返らず、未来をともに歩んでいこうとしていたが、わずか40年ほどで日中関係はかつてないほど冷え込んだ。スレッドに寄せられたコメントからは中国における反日教育やプロパガンダが「成功を収めた」という事実が見て取れた。

サーチナ 
http://blog.searchina.net/node/3406

>>この記事の続きを見る・・・
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
2014/01/21 Tue 09:21    >> ネット世論   >> コメント(0)
2014/01/21 Tue 08:57     >> ネット世論     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/20(月) 21:14:39.28 ID:???
2014年1月20日、米国のケネディ駐日大使が18日、ツイッター上で「米政府はイルカの追い込み漁に反対する。イルカが殺される追い込み漁の非人道性について深く懸念している」とコメントしたことが、中国のネット上でも注目を集めている。

追い込み漁は網で海への抜け道をふさぎ、イルカを入り江や浜辺に追い込んで捕獲するという漁法で、現在、和歌山県太地町で行われている。日本のネット上では「この漁法は地元住民の生活の一部」「狩りだって非人道的じゃないか」など、反対意見が多く見られる。

このニュースは中国でも報じられ、「中国版ツイッター」には多数のコメントが寄せられている。以下は、寄せられたコメントの一部。

「変態民族め」
「大虐殺は日本の文化」
「日本人は生まれつき残忍」

「ドキュメンタリー映画『ザ・コーヴ』を見ることを勧める」
「これは地元の文化とは全く別の概念。日本のネットユーザーは言い訳がひどい」
「日本の芸能やファッションは好きだけど、クジラとイルカのことについては賛成できない」

「正常なことだ。人類はもともと動物を殺して食べるもの。何を善人ぶっているのか」
「わが国でもたくさん殺している。どこの国でも同じようなことを抱えている」
「日本人はなぜイルカを殺すのか、中国人はなぜイヌを殺すのか、人はなぜ人を殺すのか」

「国内にも非人道的なことがたくさんある。たとえばサルの脳みそを食べるとか。
こういう歴史的なものは、なかなか変えられないのだ」(翻訳・編集/北田)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140120-00000029-rcdc-cn

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/21 Tue 08:57    >> ネット世論   >> コメント(0)
2014/01/21 Tue 01:29     >> 対日感情     >> コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2014/01/20(月) 21:05:08.91 ID:???0
2014年1月18日、人民日報海外版は記事「安倍首相とヒトラーの類似、
一部の国々は災いを中国に向けようとしている」を掲載した。

英紙フィナンシャル・タイムズは7日、ギデオン・ラックマン氏のコラム「第1次世界大戦の教訓を忘れるな」を掲載した。同記事では第一次世界大戦のきっかけとなったサラエボ事件と第二次世界大戦の発端となったミュンヘン会談を対比させている。

ミュンヘン会談でナチス・ドイツのズデーテン地方併合が認められ、ドイツとの対決を回避しようとした英仏の宥和政策が第二次世界大戦のきっかけになったと評価されている。この二の舞を避けなければならないとの論調がよく見られるが、ラックマン氏は現在、参照するべきは、各国の緊張が極限にまで達しサラエボ事件という偶発的な事件で世界大戦へと発展した一次大戦前の状況だと主張。

これに反論したのが人民日報海外版だ。ラックマン氏の論理にしたがえば、台頭する中国が一次大戦前のドイツのような存在であり、日本が中国の圧力に苦しむ周辺国という奇妙な構図になると批判した。

そもそも二次大戦前、英仏の宥和政策には「災いを東に向ける」、すなわちナチス・ドイツをソ連と対抗させる目的があったと指摘。日本軍国主義の復活が明らかになりつつ今、欧米諸国が日本を野放しにしているのは「災いを中国に向ける」、すなわち日本軍国主義を中国と対抗させようとする宥和政策的狙いがあるためだと論じている。

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=82020
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/21 Tue 01:29    >> 対日感情   >> コメント(0)
2014/01/21 Tue 00:48     >> 対日批判     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/20(月) 22:35:32.39 ID:???
日本の文部科学省は先日、教科書の検定基準を改定し、
教科書を扱う際に政府見解を尊重するよう求めた。

国際世論は新基準について「日本の歴史教科書は誤った歴史観を宣伝する道具になりかねない、非常に危険な動きであり、日本政治の右傾化の新たな現れでもある。侵略の歴史を覆い隠そうとする日本政府の企ては、日本に対する国際社会の反感を引き起こすだけであり、災いが自らに跳ね返ることになる」と考えている。

日中友好8・15協会の加藤富士夫常任幹事(元高校教師)は19日、人民日報の取材に「教科書検定基準の改定に強く反対する。生徒たちの歴史観に悪い影響を与えるからだ。今後、さらに多くの日本の教師が自ら学び、本当の、客観的な歴史を生徒たちに教えることで、日本政府の誤った政策が生徒たちに与える悪影響を軽減することを希望する」と述べた。

凌星光・福井県立大学名誉教授は19日、人民日報の取材に「米国を始めとする連合国軍が日本を接収管理する前に、日本政府は悪行の証拠を大量に焼却した。戦後、右翼は書面による命令の証拠が見つかっていないことなどを口実に、南京大虐殺や慰安婦の強制連行といった犯罪行為を否定した。

以前は日本政府は国内外の世論を考慮せざるを得ず、世界の非難を無視して大罪を犯す勇気がなく、教科書検定に一定の良心の余地を残していた。だが今や戦争経験者が少なくなり、日本社会全体が深刻に右傾化し、侵略の歴史を改竄する右翼勢力が勢いを得る中、安倍内閣も検定基準を改定する勇気を持った。

今後、教科書は右翼内閣の誤った見解を押しつけられ、日本軍国主義の罪を反映する歴史上の事実が覆い隠されうる。こうして日本の若者と周辺国の若者との間の歴史認識問題における溝の解消が難しくなり、日本の国際化と国際協力が深刻に阻害される。われわれは日本の国民や有識者と共に、日本軍国主義の罪を清算する世界的な教育運動を展開することで、日本右翼を孤立させ、日本の若者がアジア運命共同体構築の道を一日も早く歩み始めるようにしなければならない」と述べた。

日本「子どもと教科書全国ネット21」の俵義文事務局長は19日、人民日報の取材に「新検定基準を適用した教科書からは南京大虐殺、従軍慰安婦などアジア近隣国に対する日本の侵略と植民地支配の罪に関する歴史上の事実が削除され、歪曲された、誤った歴史が正当化されるだろう。今回の検定基準によって『近隣諸国条項』は有名無実化する。安倍政権のこうした悪辣なやり方に断固反対する」と述べた。

全文は
http://j.people.com.cn/94474/8517297.html
http://j.people.com.cn/94474/204188/8517300.html
http://j.people.com.cn/94474/204188/8517301.html

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/21 Tue 00:48    >> 対日批判   >> コメント(0)

最新記事
(10/02) a



最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ