2014/01/18 Sat 23:33     >> 政府     >> コメント(0)
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/18(土) 10:10:47.27 ID:???0
★今年も続く中韓との冷えた関係
アサ芸プラス(2014年1月17日09時56分)

領土や歴史などを巡る対立で冷え込む隣国の韓国・中国との外交関係。さらには、“北朝鮮のNO2”張成沢氏の粛清で、東アジア情勢は先行き不透明だ。東京新聞編集委員の五味洋司氏が語る。

「中国とのパイプ役であった張成沢氏を粛清したことで、北朝鮮が経済援助を求める相手に日本を選択するというシナリオも十分考えられる。それによって日朝関係が日韓や南北に先行するのを、韓国はいちばん嫌がります。日本に頭を下げて北朝鮮情報を教えてもらうなどというのはプライドが許さないですから。北朝鮮という“外圧”によって、今年は韓国の対日路線が軟化してくる可能性が大きいでしょう」

しかも、韓国は経済の悪化が深刻化しているだけに、反日の朴槿惠〈パククネ〉大統領が土下座して日本に資金援助を無心する可能性すら出てきている。

「韓国は昨年末に倒産ラッシュが到来する一方、財閥の寡占化が進み、雇用状況はまったく改善していない。ここにきて、朴大統領の強硬路線にも国内から批判が出てくるばかりで八方塞がりの状況。経済危機が表面化すれば、日本と冷えきった関係を解消し、通貨スワップ(緊急時の外貨の融通枠)の拡大をはじめ、経済援助をお願いせざるをえないでしょう」(韓国特派員)

さらに、中国に至っては問題は山積みだ。昨年11月、東シナ海上空に防空識別圏を設定。尖閣諸島も含んでいたことから、日本国内でも一気に緊張が高まった。中国情勢に詳しいジャーナリストの富坂聰氏が語る。

「中国国内の『日本を挑発してやろう』という勢力に、正当な理由を与えてしまった。防空識別圏内で日本の民間機や軍用機に対して危険な行為を行っても、中国の国内法で裁かれることはないという状況を作ってしまったわけですから」

誕生から1年が経過する習近平政権だが、成果らしいものはまだあげられていない。株価も景気も低迷し、外資は次々と引き揚げている。物価も高騰し、北京を中心に大気汚染などの環境悪化も目立っている。

「経済格差は深刻で、民衆の不満がいつ爆発してもおかしくない状況です。日本に対する強硬姿勢だけが若者を中心に支持されているので、安易な軟化には踏み切れない。日中双方が真剣に歩み寄りを考えないかぎり、小規模な局地戦が年内に起きてもおかしくありません」(前出・富坂氏)

東アジア各国に関する外交情勢には、引き続き大きな注意が必要だろう。

http://news.infoseek.co.jp/article/asageiplus_19275
2013-06-27-k003.jpg

>>この記事の続きを見る・・・
スポンサーサイト



web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 23:33    >> 政府   >> コメント(0)
2014/01/18 Sat 18:42     >> 南京問題・731部隊問題     >> コメント(0)
1: 蚯蚓φ ★ 2014/01/18(土) 15:24:37.73 ID:???
no title

▲中国遼寧省撫順市にある平頂山虐殺事件記念館に原形のまま保存されている遺骨の凄惨な姿.

17日、中国遼寧省の瀋陽から自動車に乗って東に1時間30分を走って到着した撫順市。中国外交部が北京に派遣された外信記者たちのために用意した日帝蛮行遺跡取材二日目の日程が始まったところだ。

一行は前日、瀋陽にある9・18満州事変歴史博物館と聨合軍捕虜収容所ですでに日帝の残酷な蛮行を確認したので、心の片隅には退屈さも少なくなかった。しかし撫順市平頂山虐殺事件記念館に入った全世界6カ国(韓国・日本・インド・シンガポール・英国・スペイン)記者38人は一瞬、言葉を失ってしまった。日本軍によって凄惨に虐殺された遺骨800余体が200坪余りの狭い空間にぎっしり詰まった姿に衝撃を受けたからだ。

中国政府はこの遺骨発掘地域を原形のまま保存し、後世に知らせるために発掘場所の真上に建物を覆って記念館を作ってしまった。残酷な姿で重ねられている遺骨には老若男女の区別もなかった。子供を抱いていて亡くなったと推定される母親の遺骨には一瞬かっとなった。あごがつぶれ、口を大きく開いている遺骨も多かった。虐殺当時の苦痛を考えると胸が張り裂けそうだった。

ある場所では、せいぜい1平方メートルの空間に何と8体の死体が積み重なっている。村民三千人余りが同時に虐殺された平頂山事件は1932年、陰暦で仲秋節だった9月15日夜、日本軍が中国抗日遊撃隊の襲撃を受けたのが発端だった。日本軍は平頂山の村民たちが遊撃隊を知りながら通報しなかったという理由で翌日、軍人200人余りを出動させ村民全員を一ケ所に集め機関銃などで射殺した。

集中射撃でも生き残った住民たちはいちいち銃剣で確認し殺害した。妊産婦の場合、腹を切って胎児まで確認したという。集団虐殺劇が終わった後、油をかけて死体を焼き大砲で山を崩壊させて遺骨を完全に埋葬した。村民たちが居住した800余の住宅も全部なくなった。

チョウ・スェリャン記念館長は「平頂山虐殺事件は山の村民を相手に行った後、操作まで試みた大屠殺劇」とし「80年余りが過ぎたが、私たちは必ず記憶しなければならない歴史の大きな課題」と力を込めて語った。

席を移して訪問した遼寧省記録保管所では南京大虐殺の惨状を見せる日本側文書を初めて公開した。日本が中国にたてた国営会社の南満洲鉄道に派遣した南京特務班報告書がそれだ。ここには死体を埋葬したという生き生きした証言が含まれている。

チャオ・ファルリン保管所長は「南京大虐殺死亡者が35万人に達する事実が明らかに確認された」と話した。この日の文書公開は日本の安倍晋三総理の母方の祖父で1950年代総理を歴任した岸信介が当時、南満洲鉄道を管轄した満州国政府高位官僚であった事を狙ったと分析される。

[撫順(遼寧省)=チョン・ヒョクフン特派員]

ソース:マネートゥデイ(韓国語) 住民3000人同時虐殺…日本軍残酷さに'かっと'
http://news.mk.co.kr/newsRead.php?no=89122&year=2014

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 18:42    >> 南京問題・731部隊問題   >> コメント(0)
2014/01/18 Sat 17:06     >> 反日行動     >> コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/18(土) 02:40:45.58 ID:???0
★中国、フランス紙でも靖国参拝を批判
< 2014年1月18日 2:22 >

安倍首相の靖国神社参拝について、フランスに駐在する中国大使が、
16日付の全国紙で批判した。中国は、イギリスやアメリカでも
現地の有力紙に駐在大使による批判文を寄稿している。

掲載されたのは16日付のフランスの全国紙「ル・フィガロ」。駐フランス中国大使が
「日本の首相の靖国参拝が中国に衝撃を与えた理由」と題し、批判文を寄稿している。
この中で中国大使は、「靖国神社は軍国主義の象徴だ」とした上で、
参拝することについて「ヒトラーの墓に花をたむける人がいると想像してみてほしい」
などと批判している。

掲載を受けてフランスの日本大使館は、
鈴木庸一大使による反論文の寄稿を新聞社に申し入れたという。

http://www.news24.jp/articles/2014/01/18/10244087.html
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 17:06    >> 反日行動   >> コメント(0)
2014/01/18 Sat 16:42     >> 軍事     >> コメント(0)
1: キャプテンシステムρφ ★ 2014/01/18(土) 11:25:16.29 ID:???0
【軍事】日中の海軍力の比較…「中国は日本を2年ほどリードしている」[1/18]

香港の「サウスチャイナ・モーニング・ポスト」は16日、
日本と中国の海軍能力の比較記事を掲載しました。
「もし東シナ海で戦争が起きた場合、日中どちらがイニシアチブを握るのだろうか?」
--
専門家は現在、中国の艦船保有数は日本の5倍に相当すると言います。
「ただし中国の保有する1000以上艦船には小型の沿岸警備艇が含まれている。
外洋での操船が可能な大型艦船に限れば260隻で、日本の1.5倍しかない。」
「空軍力においても日本は260機に対し、中国は1300機もある。
 ただしこちらは旧式機が含まれており、状態としては悪く不十分だ。」

しかし中国の専門家の見解は全??く逆です。
「現代の海上戦争では兵器の強さは単純に比較は出来ない。
 訓練などの練度だけでなく、陸上からの支援など様々な要素が勝敗に影響する。」
「確かに空軍には古い機体は多いが、新型の戦闘機は日本を軽くあしらうことが出来るのだ。」

また別の専門家も、
「日本でもっとも先進的なイージス艦あたごは
パッシブ式のフェイズドアレイデーダーを採用している。
 一方の中国の052C型駆逐艦はアクティブ式のフェイズドアレイデーダーです。
 また強力な対艦ミサイルも装備しており、この能力は日本を超えるとされています。」

中国の軍備拡大は日本をはるかに超えており、
2013年だけで27隻の新型艦船が配備しています。

no title

http://mil.news.sina.com.cn/2014-01-17/0843760524.html

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 16:42    >> 軍事   >> コメント(0)
2014/01/18 Sat 13:29     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: 壊龍φ ★ 2014/01/18(土) 09:32:42.50 ID:???
2014年1月17日、中国のネット上に投稿された、あるユーザーの体験談が注目を集めている。以下はその概要。

私は中国に留学に来ている米国人の友人に、「日本はかつて真珠湾で米国を攻撃した。安倍首相の靖国参拝は米国人の感情も傷つけるんじゃないのか?」と聞いた。

彼の答えは意外なものだった。「モンゴル人はかつて無数の中国人を殺した。モンゴル人がチンギス・ハン生誕851周年を記念したら、中国人の感情は傷つくかい?」と聞き返してきたのだ。私は答えに詰まった。

その後、彼は「米国人はあまり恨みを覚えていない。なぜならふつうはその場で晴らしてしまうからだ」と話した。事後にあることないことを言うのは、彼らの性分ではないのだ。

戦争を仕掛けた東条英機も、真珠湾攻撃を立案した山本五十六も、米国はみな靖国神社に祭った。「戦争には勝った。家族が参拝することはなんでもない。本人はすでにいないのだから」

米国では毎年5月の最終週の月曜日が、戦没将兵追悼記念日と定められている。「君たちはとてもおかしい。暇さえあれば、日本人の靖国参拝に抗議している。いつになったら党の見方を捨てるのか。世界中の華人で共通の日を記念日と決めて、その日に国のために戦った英雄を供養すればいいじゃないか」

私は考えた。中国の戦士が国のために犠牲になった。それは日本も同じではないか。日本が自国の祖先を参拝するなら、われわれもそうすればよいのだ。「愛国、愛国」というが、本当の愛国教育とはそういうものではないか。

「日本人が靖国参拝を諦める」などと考えるのは、夢物語だ。小泉や安倍をいくら罵ったところで、叫べば叫ぶほどばかにされる。これほど簡単な道理なのに、多くの人は死ぬまで気付かない。かくいう私も、気付いたばかりなのだが。
(翻訳・編集/北田)

レコードチャイナ: 2014年1月18日 8時40分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81955&type=

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 13:29    >> マナー・国民性   >> コメント(0)
2014/01/18 Sat 12:17     >> 対日軍事・政策     >> コメント(0)
1: ニライカナイφ ★ 2014/01/18(土) 05:53:55.67 ID:???
◆<靖国参拝>ドイツで日中外交官が舌戦、
勝利の中国に拍手「日本は落胆して退場」―香港紙

2014年1月17日、香港・文匯報によると、
独ミュンヘンでこのほど開かれた国際会議の席上、
日中の駐独外交官が安倍晋三首相の靖国神社参拝をめぐって舌戦を展開した。
同紙は「中国側は満場の拍手を浴び、日本側は落胆して退場した」と伝えた。

それによると、同会議では中国の史明徳(シー・ミンダー)駐独大使が
中国の外交政策と日中関係の現状について報告。
前列に座っていた日本の水谷章・在ミュンヘン総領事に発言を求めた。

水谷氏は「1985年以前に首相の靖国参拝は61回行われた。
しかし、当時中国はなぜ反対しなかったのか。
最近の中国の軍事費急増は、アジア地域の安全にとって脅威ではないのか」と語った。

これに対し、史大使は「首相の靖国参拝が増えれば増えるほど、
日本が歴史を正視できず、平和への誠意に欠けていることを証明することになる。
日本の政治家はドイツを見習い、歴史問題を勉強すべきだ。
ドイツの指導者は第二次世界大戦で被害を受けたポーランドでひざまずき、
世界中の賛辞を受けた」と語った。

さらに、中国の軍事費急増については「米国の7分の1に過ぎない。
人口1人当たりでも日本より少ない。
日本の今年の防衛予算は、過去十数年で最高ではないか」と反論。
ドイツ人出席者の満場の拍手を浴びた。
水谷氏は突然立ち上がり、退場したという。

Record China 2014月17日(金)22時10分
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000042-rcdc-cn

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 12:17    >> 対日軍事・政策   >> コメント(0)
2014/01/18 Sat 11:47     >> 対日軍事・政策     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2014/01/17(金) 20:08:43.30 ID:???
中国広東省政治協商会議の委員で空軍少将の林茂光氏は14日、同省でメディアの取材に応じ、「日本が軍事費(防衛費)を増やしているが、中国も増やし、日本の軍国主義復活を阻止するべきだ」と訴えた。中国新聞網が15日伝えた。

林少将は昨年12月26日に安倍晋三首相が靖国神社を参拝したことについて、
「道理に背く動きであり、絶対に日本の軍国主義を復活させてはならない」と強調した。

また、釣魚島(日本語名称:尖閣諸島)問題をめぐっても「中国政府と人民は永遠に妥協してはならない」と述べ、「日本が近年、軍事費を増やし続けており、中国も投入を強化するべきだ。強大な国防がなければ、中華民族の居場所はなくなる」とした。 (編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140117-00000014-xinhua-cn
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 11:47    >> 対日軍事・政策   >> コメント(0)

最新記事
(10/02) a



最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ