2013/11/29 Fri 12:02     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/11/29(金) 08:29:19.71 ID:???0
中国人民解放軍は28日、沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を含む東シナ海上空に設定した
防空識別圏(ADIZ)に複数の戦闘機と早期警戒機を送り圏内を巡回させた。新華社が空軍報道官の発言として伝えた。

防空識別圏における「通常パトロール」の一環としている。
空軍報道官は巡回について「防衛的な措置で、国際慣行に沿っている」と述べた。

新華社によると、中国空軍は「厳戒態勢にあり、領空における安全を断固として確保するため、
多岐にわたる脅威に対処する」としている。

米当局者に中国軍の戦闘機巡回に関するコメントを求めたが、現時点では得られていない。
米軍は今週、中国への事前通報なしに尖閣諸島上空でB52戦略爆撃機2機を飛行させている。
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE9AR06Z20131128
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/29 Fri 12:02    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)
2013/11/28 Thu 23:36     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/11/28(木) 22:00:01.16 ID:???
中国が東シナ海に防空識別圏を設定したことについて、東京の中国大使館の報道官は東シナ海で日中両国の防空識別圏が重なるのは避けられないとしたうえで、日本側が中国を非難するのをやめ、飛行の安全を確保するため双方の対話が必要だという認識を示しました。

今月23日、中国は突如、沖縄県の尖閣諸島の上空を含む東シナ海の広い範囲に防空識別圏を設定したと発表し、日本政府は一切の措置を即時撤回するよう要求しているほか、アメリカ政府も現状を一方的に変更するものだとして中国に自制を求めています。

これについて東京の中国大使館の楊宇報道官は28日の定例記者会見で「アメリカや日本などは中国の安全を尊重して道理のない非難を停止すべきだ」と反論したうえ、アメリカのケネディ駐日大使が27日、都内で行った講演で地域の緊張を高めているだけだなどと中国を批判したことについて「アメリカは特定の立場を取らず、不適切な発言をやめるべきだ」と述べました。

そのうえで楊報道官は、「日中は独特な地理を持つ東シナ海を隔てて向かい合っているため、両国の防空識別圏の範囲が重なるのは避けられない。日本側が中国を非難するのをやめ、外交ルートを通じて技術的な問題を中国と協議すべきだ」と述べ、日中の対話が必要だという認識を示しました。

中国国防省「日本とやかく言う権利ない」

中国が防空識別圏を設定し、日本政府が一切の措置の撤回を求めていることについて、中国国防省の楊宇軍報道官は28日の記者会見で「日本は今から44年前の1969年に防空識別圏を設定した。日本側が中国の防空識別圏の設定にとやかく言う権利はない」と反発しました。

そして、「もし撤回しろと言うのなら、日本側がまず撤回すべきだ。
そうすれば、中国も44年後に撤回を検討する」と一方的に主張しました。


また、中国の防空識別圏の設定に対し、日本政府が「東シナ海の現状を一方的に変更し、事態をエスカレートさせ、不測の事態を招きかねない非常に危険なものだ」と抗議していることについて、楊報道官は去年9月に日本政府が沖縄県の尖閣諸島を国有化したことなどを挙げ「一方的に現状を変更し、事態をエスカレートさせているのはいったいどちらか、国際社会はおのずと分かっているはずだ」と反発しました。

このほか、菅官房長官が28日の記者会見で、中国による防空識別圏の設定後も、自衛隊の哨戒機などがこの空域で警戒・監視活動を続けていると明らかにしたことについて、
楊報道官は「防空識別圏に進入する各国の航空機に対しては直ちに識別を行っており、関係する航空機の状況はすべて把握している」と述べました。

中国外務省「日本が誠意見せるべき」

中国外務省の秦剛報道官は28日の記者会見で、
日本側が求める防空識別圏の撤回に応じる考えがないことを強調しました。

中国が防空識別圏を設定したことに対して、日本政府は容認できないとして一切の措置の即時撤回を求めています。これに対して秦報道官は「防空識別圏の問題で我々の立場はすでに何度も日本側に伝えた」と述べ中国政府として防空識別圏の設定を撤回したり、範囲を変更したりする考えがないことを強調しました。

そのうえで、中国政府がアメリカと韓国に外務次官や軍の幹部を相次いで派遣してこの問題についても協議しているなか、日本側との協議の予定について問われると「アメリカや韓国との話し合いは事前に決まっていた。日本との間に意思疎通のパイプがないわけではないが、日本側が誠意を見せて、両国間の対話と立場の違う問題の解決のために条件をつくるべきだ」と述べました。

これは、沖縄県の尖閣諸島を巡って対立する日本との間では、防空識別圏の設定について論議するために中国が政府高官レベルの対話を早期に行うことに否定的な考えを示したものとみられます。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131128/k10013423841000.html
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/28 Thu 23:36    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)
2013/11/28 Thu 22:44     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/11/28(木) 22:22:51.91 ID:???
【ジャカルタ=梁田真樹子】オーストラリアのアボット首相は28日、キャンベラで記者団に対し、中国政府が東シナ海に設定した防空識別圏について、「豪州は米国の同盟国であり、日本の同盟国だ」と述べ、日米と共同で対処していく方針を示した。豪州にとって、中国は主要な貿易相手国だが、最近の軍備増強の方針に警戒感を強めている。

アボット首相は、「海上と上空における航行の自由は重要」とした上で、「紛争が法の支配に基づいて平和的に解決されないなら、我々の考えを示す」と言明、中国に挑発的な行動を取らないよう警告した。豪州のビショップ外相は今月26日、「東シナ海の現状を変更する、いかなる威圧的かつ一方的な行動にも反対する」との声明を発表しており、近く訪中してこの問題を取り上げる方針。(2013年11月28日19時41分 読売新聞)


http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20131128-OYT1T00916.htm?from=tw

【日米豪】日本版NSC設置や集団的自衛権行使容認検討など日本の政策を支持、中国けん制へ共同声明[11/22]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385140096/
【豪中】オーストラリアのビショップ外相「中国の防空識別圏設定は威圧的・一方的、反対する」[11/27
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1385515147/

オーストラリアのアボット首相と握手する安倍総理
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/28 Thu 22:44    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)
2013/11/28 Thu 15:59     >> 対日感情     >> コメント(0)
1: ラダームーンサルト(京都府) 2013/11/28(木) 12:38:08.87 ID:h2l6Z4QjP BE:3122281049-PLT(12014) ポイント特典
関係改善へ日本に誠意と実際行動呼びかけ 程永華大使
2013-11-28 08:51:45
【新華社岡山11月28日】
中国の程永華駐日大使は27日、岡山県で講演し、
中日関係の改善のため日本に誠意と実際の行動を呼びかけた。

程大使は岡山県のホテルで「平和を守り、交流を深め、協力を推進しよう」と題して講演した。
同県の政治、経済界の関係者、日中友好協会および華僑・華人組織の代表ら150人余りが出席し、講演を聞いた。
http://jp.xinhuanet.com/2013-11/28/c_132924250.htm
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/28 Thu 15:59    >> 対日感情   >> コメント(0)
2013/11/28 Thu 15:32     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: キドクラッチ(家) 2013/11/28(木) 13:48:46.25 ID:6og4U3hoP BE:3236571195-PLT(22223) ポイント特典

中国が尖閣諸島(沖縄県)を含む空域に防空識別圏を設定し、飛行の事前通告を求めた問題で、自衛隊機と海上保安庁の航空機が、この空域を中国への通告なしで飛行したことが28日わかった。緊急発進(スクランブル)など中国側の反応はなかったという。

中国国防省は、防空識別圏に関する指示に従わない航空機には、中国軍などが緊急措置を取る方針を23日に発表していた。海保は飛行した日時や機数は「運用上支障がある」として明らかにしていないが、同日以降に通常業務の一環として東シナ海を飛行した。

また、防衛省関係者によると、自衛隊機も従来通りの哨戒活動などを変えておらず、28日までに中国が設定した防空識別圏内を飛行した。

http://www.asahi.com/articles/TKY201311280099.html
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/28 Thu 15:32    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)
2013/11/28 Thu 09:34     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/11/28(木) 00:42:55.74 ID:???
国連のネザーキー事務総長報道官は26日の記者会見で、
中国が尖閣諸島(沖縄県石垣市)を含む東シナ海の上空に防空識別圏を設定したことに関連し、
領土問題は対話を通じて友好的に解決されるべきだと潘基文事務総長は考えていると述べた。

ネザーキー氏は、防空識別圏の設定に対する潘氏の考えを質問され、設定への直接的言及は避けた上で
「北東アジアやアジア太平洋地域にも世界の他の場所にも多数の領土問題がある。
事務総長はこうした争いが対話と交渉を通じ、国際法に完全に従って友好的に解決されるべきだと考えている」と述べた。

 さらに「当事者は善意と建設的精神によってこれらの問題に向き合うべきだ」とした。(共同)

http://sankei.jp.msn.com/world/news/131127/erp13112709090001-n1.htm
no title

182: <丶`∀´>(´・ω・`)(`ハ´  )さん 2013/11/28(木) 06:24:04.31 ID:ONoKYSVq
>>1
ズバリ一言!
脳無し!!

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/28 Thu 09:34    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)
2013/11/28 Thu 08:39     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/11/28(木) 01:36:47.24 ID:???
(前略)

米国防総省は26日、爆撃機2機が、中国が設定した防空識別圏内を通常の訓練の一環として飛行したことを明らかにした。米メディアによると、2機は核搭載能力を持つB52戦略爆撃機。グアムのアンダーセン空軍基地を離陸し、26日午前9時ごろ識別圏内に入ったという。

これに対し、中国側は、戦闘機によるスクランブル(緊急発進)などの行動を起こさなかった。「中国軍の決意を見くびってはいけない」などと警告していただけに、習近平政権のメンツは丸つぶれといえる。米国防総省の報道担当者は「同様の航空機の運用を同盟国や友好国と続けていく」と語った。

中国は23日、周辺諸国との事前協議もなく、一方的に防空識別圏を設定した。
東アジアの平和を脅かす暴挙だが、当初から、米国の動向には神経質になっていた。

中国国防省の楊宇軍報道官は25日の記者会見で「米国がこの問題で不当な言動を控え、日本の冒険的性質を助長する誤ったシグナルを送らないよう望む」と発言。外務省の秦剛報道官も「米国は釣魚島(尖閣諸島の中国名)の主権問題でどちらの肩も持つべきではない」といい、米国を遠ざけようとした。

中国の軍事支出は毎年2ケタ台の伸びを記録しているが、
「現時点では、米軍のプレゼンスに圧倒されている」(日中軍事筋)のが実情だ。

(中略)

自国が力をつけるまで低姿勢を貫く「韜光養晦(とうこうようかい)外交」を貫く中国にとって、尖閣問題で米国の介入は絶対に避けたかった。ところが、米国の反応は、予想以上に激しいものだった。

ケリー国務長官とヘーゲル国防長官が非難声明を発表したほか、来日中の米国家安全保障会議(NSC)のメデイロス・アジア上級部長は26日、首相官邸で菅義偉官房長官と会談し、「米国も懸念を共有しており、日米で引き続き緊密に連携していきたい」と語り、日米間で協力していくことを確認した。この会談と前後して、米爆撃機2機が中国の防空識別圏内を悠々と飛行し、中国軍をけん制したわけだ。

米国が中国の識別圏設定に反発するのは、「中国は力で尖閣周辺を支配しようとして、露骨な侵略に近づいている」(米紙ウォールストリート・ジャーナル・アジア版)からだけではない。

中国の防空識別圏には、戦闘機訓練のために日本政府が在日米軍に提供している「沖縄北部訓練区域」の一部や、航空機による空対地攻撃演習に使われる「赤尾礁射爆撃場」と「黄尾礁射爆撃場」が収まっている。つまり、中国の行為は、米軍の行動をも阻害することを意味する。

2001年4月には、中国南方の南シナ海上で米軍電子偵察機EP3が中国軍機と接触し、中国・海南島に緊急着陸する事件があった。中国の識別圏設定により、こうした偶発的衝突の危険性は格段に高まる。

さらに、日本と韓国、台湾がそれぞれ設定している防空識別圏は、第2次世界大戦後に米軍が設定したものを各国が引き継いだ形になっている。いわば米国がデザインした地域秩序といえる。中国の行為は、これに真っ向から挑戦するもので、米国にとって看過できないというわけだ。中国はこうした米国の反発を計算ずくで、今回の暴挙に出たのか。

外交評論家の石平氏は「習主席は分かっていなかったはずだ。そうでなければ、
6月の米中首脳会談で8時間も会談して、仲良くなろうとした行動と矛盾する」と指摘し、
こう続ける。

「人民解放軍に『ここまでやらなければ日本は屈服しない』と進言され、習氏は承認したのではないか。キツネ(=日本)をつついたつもりが、米国という『虎』の尾を踏んでしまった。習氏は『しまった』と思っているはずだ」

中国の防空識別圏設定をめぐっては、歴史問題などで朴槿恵(パク・クネ)大統領が“対日共闘”を図ろうとしている韓国も、圏内に中韓両国が排他的経済水域(EEZ)内にあると主張している海中岩礁・離於島(中国名・蘇岩礁)が含まれていたため、「中国が一方的に設定したもので、認められない」と反発。尖閣をめぐり、中国が一時、対日共闘を模索した台湾も国防部が遺憾の意を表明している。まさに、中国の暴挙に対して、日米韓台による包囲網が築かれつつあり、中国は自分で自分の首を絞める結果となりそうだ。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131127/frn1311271810010-n1.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131127/frn1311271810010-n2.htm
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131127/frn1311271810010-n3.htm
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/28 Thu 08:39    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)

最新記事
(10/02) a



最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

10 | 2013/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ