スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--     >> スポンサー広告     >>
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2
--/--/-- -- --:--    >> スポンサー広告   >>
2013/10/31 Thu 11:24     >> 中華思想     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/31(木) 01:28:02.63 ID:???

香港紙・大公報(電子版)は29日、
日本では死語となっている「支那」という言葉が
中国ではいまだに使われていると報じた。

中国のネット上ではいまだに「支那」が使われており、
祖国を「支那」、自らを「支那人」と呼ぶネットユーザーは数多く存在する。
試しに中国版ツイッター・新浪微博で、
「支那」と検索してみると、18万件以上がヒットした。

ネット上で「支那」という言葉が使われる場合、
その多くは中国政府や中国人の国民性に対する不満を表現しているようだ。
「中国」の現状に対する皮肉や憤慨といった意味が込められている。
何とも意味深長な使われ方だ。

日本では「支那」という言葉は中国人への蔑称として使われていたため、
1930年、当時の民国政府が日本政府に対し、「支那」を使わないよう要求した。
だが、実際に日本政府の公文書や大衆向けの出版物に
「支那」が使われなくなったのは、
中華人民共和国が成立した1949年以降である。
現在の日本ではすでに「死語」となっている。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00000001-xinhua-cn

>>この記事の続きを見る・・・
スポンサーサイト
web拍手 by FC2
2013/10/31 Thu 11:24    >> 中華思想   >> コメント(0)
2013/10/30 Wed 08:04     >> 民族浄化     >> コメント(0)
1: 壊龍φ ★ 2013/10/30(水) 07:05:12.54 ID:???

ウイグル族 当局の鎮圧もエスカレート

no title
写真: 車が突入し、炎上した北京の天安門前。
奥は故毛沢東主席の肖像画=29日(共同)

 【北京=川越一】中国には
全人口の90%を占める漢族以外に、55の少数民族が存在する。

その中で、中国当局がチベット族とともに最も危険視しているのが、
分離独立運動がくすぶるウイグル族だ。

 新疆ウイグル自治区では今年4月以降、
ウイグル族住民と公安当局が衝突し、
多数が死亡する事件が頻発している。
表沙汰になった事例だけでも犠牲者は約100人を数える。

 抗議行動を鎮圧するために発砲する例に加え、
最近では、テロを計画しているとして治安当局が
ウイグル族の集団を急襲し、射殺するケースも目立っている。


 7月初旬、習近平指導部からテロ対策強化を命じられた地元当局は、
刃渡り15センチ以上の刃物を没収する政策を開始し、
5千本近くが集められた。同自治区ホータン付近一帯では、
40歳未満の男性がひげを蓄えることも禁止した。

 いずれの措置も、ウイグル族、
そしてイスラム教徒を侮辱する行為と受け止められている。
利益を独占するばかりか、民族の“尊厳”までも傷つける
漢族に対する敵対心は高まるばかりで、
収まる気配はないのが実情のようだ。


msn産経ニュース: 2013.10.29 22:05
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131029/chn13102922060010-n1.htm

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/30 Wed 08:04    >> 民族浄化   >> コメント(0)
2013/10/30 Wed 02:15     >> 中華思想     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/29(火) 18:26:16.20 ID:???

安倍晋三首相がこのほど米ウォール・ストリート・ジャーナルの取材に対して、
「中国がアジアの現状を力で変えようとしていることを、日本は容認できない。
この路線では中国の平和な勃興はあり得ず、
日本はアジア太平洋地域の経済、安全保障の分野でリーダーシップを発揮し、
中国と対抗する」と発言した。

これに対して中国外交部の華春瑩報道官は28日、
「日本は自己の行為を真剣に反省し、
一切の挑発行為を停止するべきだ」と反発した。


中国紙・新京報は29日、安倍氏の「中国に対抗する」
との発言が周りに仲間のいない日本の状況への焦りからきていると指摘した。
北東アジアで日本は中国、韓国との関係が悪く、
東南アジアでは南シナ海問題を利用して各国と近付こうとしているが、
効果は思うように上がっていない。
一方で中国と東南アジアは関係を深めている。

同紙はさらに、
「安倍氏の発言には中国と日本が共存できないとの考えが見て取れる。
中国の勃興は非平和的なものであり、中
国は武力で現状を変えようとしているとして中国のイメージを汚し、
公然と両国関係の基盤を壊すものだ」と批判した。

同紙はまた、「日本の歴史反省への消極的な態度が
『正常な国』への成長を阻害しており、
アベノミクスで市場は短期的に繁栄しているが、
『日本病』が直るまでには長い時間がかかる。
安倍氏はアジア太平洋地域の指導者になれない」と分析した。
(編集翻訳 恩田有紀)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131029-00000023-xinhua-cn

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/30 Wed 02:15    >> 中華思想   >> コメント(0)
2013/10/30 Wed 01:32     >> 軍事     >> コメント(0)
1: 壊龍φ ★ 2013/10/29(火) 21:23:28.53 ID:???

no title

写真: 中国海軍が公開した演習中の原子力潜水艦の写真。
2010年10月26日に撮影された(AP)

【北京=矢板明夫】人民日報、解放軍報など中国の主要機関紙は28日、
中国海軍の「原子力潜水艦部隊」を紹介する記事をそろって1面に掲載した。1
971年の創設以来、公開されたことのない秘密部隊だが、
この時期に突然、大々的宣伝を始めたのは
習近平指導部の意向によるものとみられる。

中国の軍事力を内外に誇示し、
尖閣諸島(沖縄県石垣市)をめぐり対立する
日本などを牽制(けんせい)する狙いがありそうだ。


 中国各紙がこの日、「海上の長城」などと紹介したのは、
北海艦隊に所属する中国海軍の最初の原子力潜水艦部隊。
中国中央テレビも同日、ニュース番組で同部隊が
潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を発射する場面を放送した。

 解放軍報に掲載された記事では、
同部隊は西太平洋の海域で訓練した際、外国の艦船の妨害を受けたが、
同部隊は「危険性の高い戦術的な動きを取ったため、外
国艦船は撤退した」との“武勇伝”を紹介した。

 中国共産党中央に近い北京の国際問題研究者によると、
習近平指導部は最近、尖閣問題で日本との対立が袋小路に入り、
自衛隊と米軍が合同訓練を行うなど
日米が連携を強めている現状にいらだちを覚えている。

 原潜部隊の公開に踏み切ったのは、「中国の領土を守る決心を示し、
日米の動きを牽制する思惑があるのでは」と分析している。

 また、11月に重要会議である共産党中央委第3回総会(3中総会)を控える
習近平政権は、中国の海軍力が増強されたことを国内にアピールすることを通じて、
政権基盤の求心力を高めたい思惑もありそうだ。

 公開された潜水艦の艦名は明らかにされていないが、
北海艦隊所属の弾道ミサイル搭載原潜(SSBN)であることを示す記事の内容や、
電子版に掲載された写真の特徴から、
80年代に就役した最初の国産SSBN「夏(シア)級」(092型)とみられる。

 夏級は、SLBM「巨浪(JL)1」を搭載。
事故で同型艦1隻が失われたとの情報があるが、
人民日報の記事は少なくとも核関連の事故はなかったとしている。


msn産経ニュース: 2013.10.29 14:12
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131029/chn13102914160008-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/131029/chn13102914160008-n2.htm

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/30 Wed 01:32    >> 軍事   >> コメント(0)
2013/10/30 Wed 00:57     >> 中華思想     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/29(火) 17:19:57.96 ID:???

中国日報社と言論NPOが共催した
第9回北京―東京フォーラムがこのほど北京で開かれ、
中日両国の問題解消・関係改善を巡り、多くの構想と提案が発表された。

中国の専門家は、「困難な状況であるほど中日の交流を強化すべきだ。
両国は大気汚染や放射能汚染の取り組み、エネルギー・資源面の協力、
アジアのインフラ連結の共同推進などにより、交流と協力を強化できる」と語った。

日本側の代表者は、「我々は冷静な態度により、
領土主権の問題を処理しなければならない。
何が起きようとも、決して武力によって問題を解決してはならない。
これは地域全体の共通認識だ」と発言した。

しかし現在の中日両国関係は民間の願いほど美しいものではなく、
摩擦が頻発しており、不確定性と危機感に満ちている。
民間の交流促進のみで、政府の積極的な参与がなければ、
中日関係の苦境をに根本的な変化をもたらすことは難しい。

中国政府は長年に渡り長期的視野から、
日本に対して友好・懐柔政策を講じており、
日本と特定の問題を巡り対立する意図はなかった。
中国政府は矛盾については、緩和・棚上げ・解消を主張してきた。
しかし日本政府は小賢しい真似を続けもめ事を起こし、
中日両国関係を危険な境地に陥れた。


中日両国関係を重視し、
アジア太平洋地域の平和を守るのは、日本政府から始めるべきである。
これは何かあるとすぐに両国の首脳会談の
実施を呼びかけることを意味するのではない。
関係改善の誠意がなければ、
両国の首脳会談を実施したところで何の役にも立たない。
宣伝を強化し、支持率に貢献するのがせいぜいだ。

中国側の期待は、指導者の会談により両国関係に実質的な改善をもたらすことだ。
このような会談こそが、中身のある政治的に有意義な会談であり、
単なる政治ショーになる必要はない。

安倍政権が誠意をもって中国が重ねて示している善意を理解し、
中日両国関係改善の雰囲気作りから着手し、
危機を棚上げにし、摩擦を抑制し、友好を促進し、
協力を拡大し、成長を促し、誠心誠意で両国関係の改善を促すことを願う。

政府はその中で主導的な力を発揮しなければならず、
同時に民間の積極的な推進と協力が必要だ。
これは中日両国関係の真の活路である。
(筆者:周永生 外交学院国際関係研究所教授)

http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-10/29/content_30438057.htm
http://japanese.china.org.cn/jp/txt/2013-10/29/content_30438057_2.htm

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/30 Wed 00:57    >> 中華思想   >> コメント(0)
2013/10/29 Tue 13:17     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/29(火) 11:57:14.23 ID:???

第11管区海上保安本部によれば、
海上保安庁の巡視船は28日午前9時30分ごろ、
尖閣諸島(中国名:釣魚島)沖合の日本領海に
中国海警局の船4隻が侵入したことを確認した。
環球時報(電子版)が報じた。

中国当局の船が日本領海に侵入するのは、
日本が2012年9月に尖閣諸島を国有化して以来68回目だ。

中国駐日本大使館の関係者によれば、
外務省アジア大洋州局の井原純一局長は28日、
中国大使館に抗議したが、
韓志強駐日大使館公使は抗議を受け入れなかった。

中国の韓志強公使は「釣魚島はわが国固有の領土であり、
釣魚島海域もわが領海である。
日本には何かを主張する権利はなく、
われわれは日本の抗議を受け入れない」と語った。

(編集担当:村山健二)

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1029&f=politics_1029_002.shtml

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/29 Tue 13:17    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)
2013/10/29 Tue 12:36     >> 尖閣諸島     >> コメント(0)
1: ◆ERINGI.ZL.2X @パリダカφ ★ 2013/10/28(月) 15:49:37.55 ID:???

 28日午前9時半ごろ、中国海警局の船4隻が
沖縄県・尖閣諸島周辺の領海に相次いで侵入したのを
海上保安庁の巡視船が確認した。

中国当局の船による領海侵入は1日以来で、
昨年9月の尖閣国有化以降、計68日となった。


 政府は首相官邸の情報連絡室を官邸対策室に格上げした。
 第11管区海上保安本部(那覇)によると、
4隻は「海警1123」「海警2102」「海警2166」「海警2350」。

海保の巡視船が領海から退去するよう求めると、
海警2350から無線で尖閣諸島について
「古来、中国固有の領土だ」と応答があった。

(共同通信)

ソース:livedoorニュース
http://n.m.livedoor.com/f/c/8198031

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/29 Tue 12:36    >> 尖閣諸島   >> コメント(0)

最新記事
(05/11) q



アンテナサイト(外部サイト)


最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。