2014/01/05 Sun 22:30     >> 在日中国人     >> コメント(0)
1: 伊勢うどんφ ★ 2014/01/05(日) 21:12:21.94 ID:???0
大手家電量販店は1日から、主要百貨店は2日から2014年の初売りを始めた。100万円を超える高額な福袋も売れるなど、その売れ行きが好調だという。しかし、大都市の家電量販店の福袋は中国人グループの転売屋による買い占めが横行し、本当に楽しみにしている人が購入できなくなっている。

新宿のある家電量販店スタッフは「例年、30台限定や50台限定のノートパソコン福袋は夕方近くまで少しは残るんですが、今年は一瞬で売り切れました。そのほとんどを中国人グループが買ってました」と明かす。

量販店近くの路上には中国人グループがノートパソコンの福袋を50個以上も置き、運ぶ際にかさばらないように袋と箱をポイ捨て。その後、ワゴン車にパソコン本体を積み込んでいった。他の店舗では、中国人グループがロボット掃除機「ルンバ」を30台以上も買い占めて、やはり袋と箱を路上に捨てていた。

中国人ジャーナリストは「同じ商品の福袋は1人1袋しか買えないため、中国語のネット掲示板で留学生を集め、1人1万円ほどで並ばせるんです。そして、海外製のノートパソコンは日本国内のネットオークションで転売し、日本製は中国や海外で売りさばくというパターンです。中国で日本のパソコンは日本の定価より3割ほど高く売られている。福袋で安く購入し、定価で売れば儲かるんです」と語る。

それだけではない。福袋目当ての中国人グループは早朝どころか前夜から並ぶため、店側は整理券や割り込み防止券を配布する。しかし、組織的に行う中国人グループは券をもらうと、それをカラーコピーしてしまう。「偽装券が混在しているため、正規の券を持っているのに買えない人が出る。それで、中国人同士でもめるんです」(同)

正月の風物詩である福袋でも中国による攻勢がすさまじいことになっている。

2014年01月05日 18時00分 東スポ http://www.tokyo-sports.co.jp/nonsec/social/220735/

svjdRPQ.jpg

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/05 Sun 22:30    >> 在日中国人   >> コメント(0)
2013/12/21 Sat 00:15     >> 在日中国人     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/20(金) 22:52:43.49 ID:???
華字紙・中文導報によると、安倍晋三首相が推進する「アベノミクス」が在日華人企業に打撃を与え、経営継続を難しくしている。18日付で中国新聞網が伝えた。

東京・五反田の中華料理店を経営する華人は「8月から景気が悪化し、客足が遠のいている」と嘆いた。コスト増も深刻のようだ。「だからといって、価格を上げることもできない」と苦しさを訴える。

福井で中華料理店を経営する香さんは「アベノミクスの恩恵なんて全くない」と言い切る。「開店から3年、経営はずっとトントンの状態だった。アベノミクスが始まり、企業の忘年会などの予約も増えると期待したが、今年の予約は昨年より減っている」と肩を落とす。

小売店を営む華人経営者も「円安による輸入価格の上昇や中国政府の食品輸出規制などにより、今年は儲けが少ない」と話す。「留学生が安い商品を買っていくだけ。高額の商品は売れなくなった」という。

以前は首都圏の華人が多く集まる地域には必ず華人向けの小売店があったが、昨年12月以降、毎月平均2店舗ずつ閉店に追いやられている。

日中関係悪化のあおりを受け、旅行業界も大きな打撃を受けている。中国旅行を扱う旅行会社は軒並み倒産。日本で旅行会社を経営して40年になる華人経営者は「日本人の中国旅行も、中国人の日本旅行も閑古鳥が鳴いている状態。日本の大手旅行社はどうせ人が集まらないからと中国旅行の宣伝を取りやめた」と話している。 (編集翻訳 小豆沢紀子)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131219-00000012-xinhua-cn

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/21 Sat 00:15    >> 在日中国人   >> コメント(0)
2013/12/13 Fri 10:01     >> 在日中国人     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/12/12(木) 22:21:20.69 ID:???
2013年12月10日、
華字紙・日本新華僑報は日中関係を対抗関係に悪化させてはならないとの記事を掲載した。

尖閣問題を中心に日中関係を分類してみると、3つの時期に分けることができる。第一に棚上げ時期の協力関係。経済、文化など交流が生まれ、日中の友好関係も深まった。

しかし中国の台頭に伴い日中関係はきしみ始める。日本国民は「日本より強い中国」に慣れることができなかったのだ。中国国民にとっては1000年間続いた元の関係に戻っただけなのだが。

その変化が尖閣諸島沖中国漁船衝突事故、日本政府による国有化へとつながった。そこで生まれたのが競争型関係だ。中国が空母・遼寧号を就役させれば、日本も準空母と呼ぶべき新型護衛艦を完成させた。中国人が軍事力の発展を指示すれば、日本も理由を探して軍事費拡大を正当化する。

こうした競争が続けば将来的には対抗型関係へと突入する可能性もあるだろう。民衆が集団的扇情状態に陥ってしまう状況だ。かつて日本が他国を侵略した時、日本国民は狂ったような扇情状態に陥り、メディアすらも国家の暴走を止めようとせず、民衆も素直にプロパガンダを信じていた。この状況は他国を傷つけたことはもちろん、日本自身にも傷を与えるものだった。

このような対抗型関係に陥ってはならない。日中両国にはともに民衆を冷静で理性ある方向に導く責任があると言えよう。(翻訳・編集/KT)

http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80400&type=0
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/13 Fri 10:01    >> 在日中国人   >> コメント(0)

最新記事
(10/02) a



最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ