2014/01/22 Wed 10:37     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: うしキムチφ ★ 2014/01/22(水) 06:16:03.58 ID:???
★ギョーザ事件「食品安全の問題でない」 中国、菅長官要請に反論

 中国製ギョーザ中毒事件をめぐる判決を受け、菅義偉官房長官が
日本向け食品の安全管理の徹底を中国側に呼び掛けたことに対し、
中国外務省の洪磊報道官は21日の記者会見で
「(中毒事件は)刑事事件であり、食品安全の問題ではない」と反論した。

 洪氏は「中国の司法部門が既に法律に基づき(事件を)処理した」と述べた。(共同)

MSN産経ニュース http://sankei.jp.msn.com/world/news/140121/chn14012122300004-n1.htm
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/22 Wed 10:37    >> 食品・商品   >> コメント(0)
2014/01/22 Wed 10:06     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: ◆CHURa/Os2M @ちゅら猫ρ ★ 2014/01/21(火) 20:52:28.30 ID:???0
★中国製品、家電にもスパイ機器だらけ 日本は無警戒のまま

懸念が広がる中国のサイバースパイ疑惑。同国のインターネット検索最大手「百度(バイドゥ)」が無償提供する日本語入力ソフト「バイドゥIME」を使って、パソコンに入力された情報を国内にある同社サーバーへ無断送信していたことが判明したが、疑惑はこれにとどまらない。身近な家電からも情報が抜かれている恐れがあるというのだ。

昨年末に判明した百度のスパイ疑惑。日本の中央省庁、大学、研究機関など約140の機関では問題発覚後、同ソフトの使用を禁止した。だが、時すでに遅し。「何らかの機密情報が中国側に流出した可能性がある」(関係者)と指摘されている。

ソフトなどIT関連製品を介した中国のスパイ疑惑はこれまでも度々浮上し、昨年7月31日付の英インディペンデント紙によると、中国レノボ社製PCに遠隔操作が可能になるようセキュリティー保護を迂回(うかい)する工作が施されているとして、英国の情報局保安部(MI5)や政府通信本部(GCHQ)が同製品の使用を禁止した。オーストラリア、米国、カナダ、ニュージーランドでも重要機密を扱う国家機関で同製品を一掃している。

また、米国では同年3月、国家保安上のリスクがあるとしてZTEやHuaweiをはじめ中国政府の影響下にあると認められる企業のITシステムに関し、政府系機関に導入することを禁止する法律を制定した。オーストラリアもHuaweiに対し、自国の高速通信網事業への入札参加を拒否している。

疑惑はIT関連製品にとどまらず、露メディアによると昨年10月、半径200メートル以内にある無線LANに侵入し、海外のサーバーにデータを送信することができるマルウェア。これが入ったチップが仕込まれた中国製アイロンや電気ケトルがサンクトペテルブルクの税関に押収された。身近な家電が情報収集の小道具として流通していたことになる。

中国事情に詳しいジャーナリストの富坂聡氏は、一連の疑惑について「スパイウェアといわれているものの目的や、(中国)政府の関与の有無については不明だ。ただ、政府から情報提供を依頼されたとしたら、中国企業である以上は、断ることはできないだろう。特に百度はもともと中国宣伝部の協力を得て大成長した企業であり、両者のつながりは現在も非常に深い」と話す。

世界でスパイ容疑がかけられたこれらの中国製品に対し、日本は無警戒のまま。関係悪化に歯止めがかからないなか、日本のカウンター・インテリジェンス(防諜活動)はこのままでいいのだろうか。 (ジャーナリスト・奥窪優木)

http://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/140121/wor14012119490023-n1.html


no title

欲しいものは作るではなく盗もうとする中国。
これじゃ安心して付き合えない

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/22 Wed 10:06    >> 食品・商品   >> コメント(0)
2013/12/26 Thu 09:39     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: ◆HeartexiTw @胸のときめきφ ★ 2013/12/26(木) 06:31:13.98 ID:???0 BE:823011146-PLT(12557)
中国最大手の検索サイト「百度(バイドゥ)」が提供する日本語の入力ソフトが、パソコンに打ち込まれたほぼすべての情報を、利用者に無断で外部に送信していたことが分かりました。セキュリティー会社は、機密情報が漏えいするおそれもあるとして、利用には注意が必要だと指摘しています。

*+*+ NHKニュース +*+*
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131226/k10014117561000.html
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/26 Thu 09:39    >> 食品・商品   >> コメント(0)
2013/12/23 Mon 19:02     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: アヘ顔ダブルピースφ ★ 2013/12/23(月) 13:54:52.90 ID:???
主婦がネットで買った子供靴、箱に染み込んだ劇毒で、開けた夫が死亡―山東省

2013年12月20日、中国・山東省のテレビ局・山東電視台の報道番組「早安山東」は、同省東営市で20日前に発生した毒物死亡事件を取り上げた。斉魯網が伝えた。

東営市広饒県に住む主婦・焦(ジャオ)さんは、娘さんのためにネットショップで子供靴を購入。商品は宅配便ですぐに届いた。受け取った焦さんの夫は「変なにおいがするから、靴をベランダに置いたよ」と話した。焦さんは、「新しい靴は特有のにおいがするもの」と思い、不審には思わなかった。

夫によると、靴の入っていた箱は黒い液体が浸み込んでいて、靴本体にも少し付着していたという。夫は古紙でそれをふき取っていた。しばらくすると、夫は「気分が悪い」と病院へ。だが、すぐに危篤状態になり、さらに大きな病院に搬送されたが、そのまま帰らぬ人となった。

その後の調べで、原因は箱に染み込んでいた猛毒の化学物質・トリフルオロ酢酸であることが判明。宅配便会社大手の園通快逓灘坊支店の倉庫に保存されていたもので、漏れ出したトリフルオロ酢酸で同支店の従業員4人が中毒を起こしていた事実も明らかになった。

この4人は回復したという。園通快逓灘坊支店側の説明では、トリフルオロ酢酸も託送品として、焦さんが注文した靴と同じ倉庫で保管されていた。同酢酸が漏れ出した際に、ひどく汚れた品物は廃棄したが、汚れの程度の少ない品物はそのまま配送したという。
(翻訳・編集/本郷)

レコードチャイナ 2013年12月22日 22時5分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80837

no title
20日、中国・山東省の主婦がネットで子供靴を購入。届いた靴の箱を開けた夫がその後人事不省に陥り、病院で亡くなった。原因は箱に染み込んでいた猛毒の化学物質だった。

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/23 Mon 19:02    >> 食品・商品   >> コメント(0)
2013/12/14 Sat 12:43     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: 壊龍φ ★ 2013/12/14(土) 09:42:24.77 ID:???
no title
写真: 11日、アジア動物基金の制作した「犬や猫を食べるのはやめよう」と訴えるポスターが、犬食の習慣がある中国東北部の人々の激しい怒りを買っている。

2013年12月11日、香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポストによると、アジア動物基金(AAF)の制作した「犬や猫を食べるのはやめよう」と訴えるポスターが、犬食の習慣がある中国東北部の人々の激しい怒りを買っている。12日付で中国紙・参考消息(電子版)が伝えた。

犬食や猫食の禁止を呼びかけるAAFのポスターは、今年9月の発表以来、中国各地で大きな反響を生んだ。AAFはポスターの成果について「大成功だ」と話しているが、中国東北部では激しい反発を受けた。この地方の人々にとって、犬肉を食べるのは一種の伝統的行為であり、この大切な権利を奪われたくないとの理由によるものだ。ごく自然に犬の肉が食べられている遼寧省瀋陽市では、地下鉄構内に貼られたAAFのポスターに市民からの抗議が殺到し、修正せざるを得ない状況に追い込まれた。

AAFの担当者・陳氏は「伝統は残虐行為の理由にならない」と話す。「犬の肉も猫の肉も、どこから来た肉か分からない。安全かどうかも分からない。野良猫や野良犬を捕まえて加工した肉は不衛生で安全でないものが多い。ペットの犬や猫が盗まれて市場に売られることもある。こうした状況が分かれば、誰もが食べる気を失うはずだ」と語った。(翻訳・編集/本郷)

レコードチャイナ: 2013年12月14日 1時50分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=80452&type=0

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/14 Sat 12:43    >> 食品・商品   >> コメント(0)
2013/12/03 Tue 16:07     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: HONEY MILKφ ★ 2013/12/03(火) 10:50:25.42 ID:???
※ 動画がソース元にあります

<アンカー>
中国で作ったキムチがまた問題です。今度は中国産の白菜キムチから、病原性大腸菌が検出されました。食品医薬品安全処は該当の製品に対し、販売禁止と回収措置に乗り出しました。イ・サンベ記者です。

<レポート>
食品医薬品安全処は中国産の白菜キムチから、病原性大腸菌が検出されたと昨日(2日)明らかにしました。摘発品目は中国の『青島Zaiyiフーズ』が製造、京畿道(キョンギド)烏山(オサン)の『マンナ流通』が輸入した『我が家親孝行キムチ(直訳)』。製造日は2013年9月27日で、流通期限は2014年9月26日までの製品です。

食品医薬品安全処は該当の製品に対して販売禁止と回収措置を下しました。この会社は先月(11月)16日にも病原性大腸菌が発見されて、食品医薬品安全処が販売を禁止した前例があります。病原性大腸菌は衛生管理が脆弱な場所で主に発見され、該当の食品を食べると食中毒に罹る危険があります。

一方で先月22日頃、仁川(インチョン)のある飲食店で中国産キムチを食べた高校生20人余りが集団で腹痛と下痢の症状などを訴え、病院で治療を受けたと保健当局は明らかにしました。去る2002年、21万ドルに過ぎなかったキムチの輸入は10年後の2012年は1億1600万ドルとなり、546倍も増加しました。

TV朝鮮のイ・サンベでした。

ソース:NAVER/TV朝鮮(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=448&aid=0000001982

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/03 Tue 16:07    >> 食品・商品   >> コメント(0)
2013/10/26 Sat 21:38     >> 食品・商品     >> コメント(0)
1: ◆ERINGI.ZL.2X @パリダカφ ★ 2013/10/25(金) 09:38:07.09 ID:???

 中国から韓国に密輸され、
韓国の市場で流通するカプセル状のダイエット薬から
人肉成分が検出されたことが分かった。

韓国で波紋が広がっている。複数の韓国メディアが報じた。

 韓国の済州地方海洋警察庁は24日、問題の薬を密輸し、
韓国国内に流通させたとして、
26歳の中国人留学生らを薬事法違反の容疑で拘束したと発表した。

警察庁によると、留学生らは2013年3月から最近まで、
中国のショッピングモールサイトで購入したダイエット薬、約3000錠や、
毒素を取り除くというカプセル約500錠を、5回に分けて中国から韓国に搬入した。

 留学生は韓国のインターネット上で「ダイエット効果がある」などと宣伝し、
約80人に30錠あたり6万ウォン(約5500円)で販売。
郵便などを利用り売渡し、市場に流通させたカプセルは合計3000錠にのぼるという。

 中国人留学生が密輸した中国産のダイエット薬を
インターネット上で違法流通させているとの情報が寄せられたことから捜査に着手。
ダイエット薬を購入し、韓国国立科学捜査研究院に成分の分析を依頼した結果、
人間の塩基配列と100%一致し、「人肉カプセル」であることが判明した。


また、韓国国内で販売が禁止されている
シブトラミンやフェノールフタレインの成分が検出された。
 警察の調べに、留学生は「学費を捻出するため」と供述しているという。
警察は違法に流通させた薬がほかにもあるとみて、捜査を拡大する方針という。
(サーチナ・編集担当:新川悠)

ソース:livedoorニュース
http://n.m.livedoor.com/f/c/8188744

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/26 Sat 21:38    >> 食品・商品   >> コメント(0)


最新記事
(03/08) a



アンテナサイト(外部サイト)


最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

03 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ