2014/01/18 Sat 13:29     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: 壊龍φ ★ 2014/01/18(土) 09:32:42.50 ID:???
2014年1月17日、中国のネット上に投稿された、あるユーザーの体験談が注目を集めている。以下はその概要。

私は中国に留学に来ている米国人の友人に、「日本はかつて真珠湾で米国を攻撃した。安倍首相の靖国参拝は米国人の感情も傷つけるんじゃないのか?」と聞いた。

彼の答えは意外なものだった。「モンゴル人はかつて無数の中国人を殺した。モンゴル人がチンギス・ハン生誕851周年を記念したら、中国人の感情は傷つくかい?」と聞き返してきたのだ。私は答えに詰まった。

その後、彼は「米国人はあまり恨みを覚えていない。なぜならふつうはその場で晴らしてしまうからだ」と話した。事後にあることないことを言うのは、彼らの性分ではないのだ。

戦争を仕掛けた東条英機も、真珠湾攻撃を立案した山本五十六も、米国はみな靖国神社に祭った。「戦争には勝った。家族が参拝することはなんでもない。本人はすでにいないのだから」

米国では毎年5月の最終週の月曜日が、戦没将兵追悼記念日と定められている。「君たちはとてもおかしい。暇さえあれば、日本人の靖国参拝に抗議している。いつになったら党の見方を捨てるのか。世界中の華人で共通の日を記念日と決めて、その日に国のために戦った英雄を供養すればいいじゃないか」

私は考えた。中国の戦士が国のために犠牲になった。それは日本も同じではないか。日本が自国の祖先を参拝するなら、われわれもそうすればよいのだ。「愛国、愛国」というが、本当の愛国教育とはそういうものではないか。

「日本人が靖国参拝を諦める」などと考えるのは、夢物語だ。小泉や安倍をいくら罵ったところで、叫べば叫ぶほどばかにされる。これほど簡単な道理なのに、多くの人は死ぬまで気付かない。かくいう私も、気付いたばかりなのだが。
(翻訳・編集/北田)

レコードチャイナ: 2014年1月18日 8時40分
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=81955&type=

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2014/01/18 Sat 13:29    >> マナー・国民性   >> コメント(0)
2013/12/25 Wed 21:25     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: 影のたけし軍団ρ ★ 2013/12/25(水) 16:34:41.53 ID:???0
権謀術数渦巻く中国社会では、男女関係においてもさまざまな謀略が仕掛けられる。そして、だまされるのは往々にして男の方であるようだ。

北京の知人女性から聞いた話だ。ハタチになる女友達が、予期せぬ妊娠をした。相手はヒモ同然の無職の男で、出産の是非について彼女はたいそう悩んでいたそうだ。しかし、その数週間後、彼女から結婚の報告が。相手は、もともと知り合いだった上位中間層に属する年上の男で、彼女は妊娠していることを秘密のまま結婚に至ったというから策士である。

それから1年後、その旦那は、早産気味に生まれてきたわが子を何の疑いもなくかわいがっているのだとか。しかも彼女は、現在でも家計からこっそりヒモ男に送金を続けており、旦那の目を盗んでは子供と3人で密会しているというからしたたかである。

知らぬは亭主ばかりなり、というやつだ。しかし、こんな話も珍しくない中国では最近、子供との血縁関係を確認するため、DNA親子鑑定を受ける男性が増えている。DNA鑑定機関最大手の「北京華大方瑞司法物証鑑定中心」の統計によると、鑑定を受けた親子のうち、およそ4組に1組の割合で「血縁関係なし」という結果が出ているというからさらに悲しい。

夫より妻が若い「年の差婚」や、夫が妻に比べ裕福な「格差婚」の家庭においてはその割合はさらに高いという。DNA鑑定が最悪の事態を招いた例もある。広西チワン族自治区南寧市では5月、自らとの血縁関係が否定された生後6カ月の男児を“父親”が母親の目前で地面にたたき付けて殺害したのだ。こうした悲劇を未然に防ぐため、出生前に胎児のDNA鑑定を行うカップルも少なくない。結果次第では中絶してしまうわけだが…。

「自転車に乗って笑うより、ベンツで泣いた方がマシ」「貧乏人に嫁ぐなら、金持ちの愛人になったほうがいい」といった声が漏れ聞こえるほど、中国人女性は結婚相手に経済力を求めてきた。しかし、こうしたDNA鑑定を巡る騒動をみると、「結婚は金持ちとして、性生活はほかの男と」と割り切る女性が多いともいえなくもない。

http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20131225/frn1312250727000-n1.htm
no title

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/12/25 Wed 21:25    >> マナー・国民性   >> コメント(0)
2013/11/16 Sat 15:29     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: シャイニングウィザード(岡山県) 2013/11/16(土) 12:58:06.71 ID:HeojvW/i0 BE:1395115182-PLT(12030) ポイント特典
【中国】新婚カップルが結婚写真で白いハト100羽を放つ
→ 「食べ物だ!」と住民殺到 → ハトほぼ全滅

ハトを食べようとする中国人
http://sociorocketnews.files.wordpress.com/2013/11/hato-6.jpg
no title

no title

no title

no title

no title


 中国で、あるカップルが「ほかにはないウエディング・フォトを撮りたい!」と、
白いハト約100羽と共に写真を撮ったそうだ。
ところが、撮影が終わりハトを放したところ、付近の住民が殺到!
「食べ物だ!」とハトを捕獲しに来たというのだ。

 中国メディアによると、ハトを捕まえた市民は「これは食用のハト。
食べられる」と話したのだとか。
確かに中華料理にハト料理はあるが……食べるために捕まえてたんや……。

 撮影用に連れて来たハトをそのまま放して良いのか、
という疑問も残る今回の騒動。
なお、100羽近くいたハトは、
あっと言う間に数羽を残してほぼ全滅したそうだ。

http://rocketnews24.com/2013/11/16/388176/

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/11/16 Sat 15:29    >> マナー・国民性   >> コメント(0)
2013/10/25 Fri 19:23     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/25(金) 18:02:38.02 ID:???

経済を活性化させるための方策として、
中国人観光客をいかに呼び込むかがよく課題としてあげられるが、
あらゆる場面で「中国人には来てほしくない」というのが、
世界の“ホンネ”となりつつある。

彼らのマナーの悪さにホテルやレストランが
辟易させられているのは知られているが、
彼らを歓迎しないのは、風俗店も同じ。
東京・吉原など、風俗街には中国人客が増え続けているが、
トラブルになるケースが後を絶たない。しかもマナーは最悪だ。

「中国人は女の子の写真をやたらと撮りたがる。
行為を隠し撮りした動画や写真が
中国のネット上にアップされていたこともあり、
ショックを受けた女の子は辞めてしまった。

“金を払ってるんだから、いうことを聞け”とばかりに、
乱暴な態度を取る客も多く、
中国人への
接客を嫌がる女の子も少なくありません」
(風俗店の男性従業員) ※週刊ポスト2013年11月1日号

http://www.news-postseven.com/archives/20131025_223451.html

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/25 Fri 19:23    >> マナー・国民性   >> コメント(0)
2013/10/23 Wed 01:12     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: 帰って来た仕事コナカッタ元声優φ ★ 2013/10/22(火) 20:28:56.04 ID:???

中国では10月1日から7日にかけて、「国慶節」の大型連休があった。
この間、中国人観光客が大挙して国外に“流出”し、
行く先々でマナーの悪さが問題視された。

飛行機のナイフやフォークを持ち帰ったり、
ホテルの朝食バイキングでは、1日分の料理を持ち帰るばかりか、
空いたペットボトルにジュースやコーヒーを次々と詰めることもあるという。

 彼らが持ち帰るのは、食器や食べ物ばかりではない。中国人にとって、
ホテルの備品とあらばあらゆるものを持っていくのが当たり前になっている様子。
沖縄の某ホテルの従業員がため息をつく。

「タオル程度ならまあ仕方がないのですが、
お湯を沸かすポットや液晶テレビまで持っていかれたことがあります。
県は中国人観光客の誘致に懸命だけど、正直、迷惑だし、下手をすると大赤字です」

今では中国人のこうした“持ち帰り”に対抗するため、
テレビを鎖でつないで防衛しているホテルも少なくない。

大浴場のシャンプーやリンスまで持っていかれているようで、
ボトルをプラスチック製の鎖でつないでいる温泉宿も。


旅行中にあの大きなシャンプーのボトルを持ち歩いて、
中国まで持って帰るとは……その物欲エネルギーには恐れ入るばかり。
自分のものは自分のもの、他人のものも自分のもの
──これが中国人には当たり前の感覚なのだろう。
※週刊ポスト2013年11月1日号

http://www.news-postseven.com/archives/20131022_223185.html

【中国人】中国人観光客、バイキングで空ペットボトルにジュース詰める[10/22]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1382404745/

>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/23 Wed 01:12    >> マナー・国民性   >> コメント(0)
2013/10/20 Sun 08:19     >> マナー・国民性     >> コメント(0)
1: 諸星カーくんφ ★ 2013/10/20(日) 02:21:13.01 ID:???0

ホテルに宿泊した際に備え付けのアメニティグッズを
持ち帰った経験がある人は多いだろう。
宿泊予約サイト「ホテルズドットコム」の調査によると、
この“お持ち帰り”の基準は各国で異なる。

中国人観光客は客室内のライトや時計、
壁に飾られた絵画まで持ち帰って
しまうという。18日付で参考消息(電子版)が伝えた。

17日付香港紙サウスチャイナ・モーニング・ポスト(電子版)は、
中国本土客の恐るべき思考回路を紹介する。
ホテルにチェックインしたが最後、客室内のものはすべて「自分のもの」。
テレビのスクリーンなど何かが壊れれば、
それはホテル側の負担で修理してもらえるものだと思っている。

動かせるものは何でも持ち帰ってしまう。
中国本土客が帰った後は
部屋中の何もかもがなくなっているというのは日常茶飯事だ。
 
no title


そのため、苦肉の策として
部屋の中に各備品の料金を記した案内を張り出している。
こうすれば、ドライヤーもバスローブも持ち帰る
には料金が発生するということを理解してもらえる。

ホテルズドットコムの調査によると、
アジアで最も誠実なのは香港の観光客で、
「ホテルの備品を盗んだことがない」の少なさで
世界第4位。78%が「盗んだことがない」と答えた台湾の観光客が8位だった。

だが、中国本土客だけは例外で、34%が「ライトや時計、絵画など“
大物”を持ち帰ったことがある」と答え、23位だった。

ソース(新華社) http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/362998/
>>この記事の続きを見る・・・
web拍手 by FC2
2013/10/20 Sun 08:19    >> マナー・国民性   >> コメント(0)

最新記事
(05/11) q



アンテナサイト(外部サイト)


最新記事

カテゴリ

全記事表示リンク

スポンサード リンク

リンク

RSSリンクの表示

最新コメント

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

月別アーカイブ

ブログ内検索

QRコード

QR

↑上へ